私は現在都内でマッサージ屋を経営しているのですがたびたび友達からお金を借りています。

性格がお金にだらしないというわけではないのですがやはり起業をしっかりと成り立たせるにはお金が必要で仕方なく借りているという状況です。

小さい頃から仕事をするならなにか手に職を付けて働きたいと思っていたので美容の専門学校に通いながら夜はアルバイトに精を出して働いて資格を取って数年ほど修行をしてから自分のお店をオープンしました。

最初のうちはもちろんお客さんがなかなか来なかったので売り上げ的にかなり厳しくて従業員にお給料を払えなかったときもあったのですが友達に借りるようになってからはそういったこともなくなって不満なく働いてくれるようになりました。

もともとなぜか周りには年上のお金持ちのお友達が多かったのですぐに借りれたのですがやはり返済をきちんとしたいという思いから月々数万円ほどかりてあとはがんばって自分でお店を経営して暮らしました。

学習したことは計画をして借りたり、返したりしないとだんだんと返済が大変になっていったり、友達関係も崩れていくということです。

若いうちはいいですが年をとると友達が大事なのでよく考えて借りましょう。