当時私は24歳でした。就職活動に失敗し、大学卒業後もコンビニバイトのフリーターとして生活していました。

毎日のダラダラとゲームをするかコンビニバイトに行くかの生活でした。就職活動もろくにせず、何かうまい儲け話がないかなぁ、とそんなことばかり考えていました。

そんな時、ネットの広告で「誰でも日給2万円!実労時間5時間!!」といういかにも怪しげな広告を見つけました。その広告のあるページにアクセスし、数回メールのやり取りをした後、面接ということでわざわざ岐阜から京都まで行きました。

どれだけ節約していても、タイミングが重なってお金が足りなくなることがあります。

わたしは、お金が少なくなってきた時に欲しいゲームハード(プレイステーション3)が発売されてしまいました。今まで必ず欲しいものは発売日に購入していた私は、やむをえず友人にお金を貸してくれるよう交渉しました。

昔から私のゲーム好きを知っている友人はすぐにお金を貸してくれました。「購入したら俺にもやらせてくれよ」という捨て台詞も残してくれました。

私は先日初めて友人にお金を借りたのですが、その事で少しトラブルになってしまいました。

というのも、友達という事で利子もありませんし、多少返すのが遅れてしまっても大丈夫という変な余裕があり、なかなかお金を返さなかったのです。

友人からしても、何度もお金を返してくれと友達に言うのは気が引けていたみたいで、あまり何も言ってきませんでした。それで私は何も言って来ないからまだ大丈夫、まだ大丈夫とどんどん返済を先延ばしにしてしまいました。

私は現在、契約社員として会社勤めしているのですが、とても給料が安くて普段の生活をするだけでもとても大変でした。

一方、私の友人もこの会社に勤めているのですが、彼は正社員なので給料的には私よりもかなり多く、生活も豊かでした。

そこで私は、どうしても生活が苦しかった時にお金を借りたんです。金額にして10万円です。

社会人になると自分でお金を稼ぐ事ができるようになり、自分が大人になったのだと実感できます。

私も社会人一年目の時そのように感じていて、どうしても家を出て一人暮らしを始めてみたいと思うようになりました。

独立心を養いたい等理由をつけて親を説得して、アパートを借りるお金などを働きながらこつこつと貯め始めたのです。

そして念願のアパートを借りて、一人暮らしを始めました。

私がお金を借りた理由は、買い物のしすぎです。

バーゲンの季節だったのでついつい買いすぎてしまったのですね。

ちょっと使いすぎてしまったかなと思ったのですが、節約すれば何とかなるだろうと思ったのです。

ところが、そんなときに限って体調を崩してしまったのです。風邪が流行っていたので、どこかでうつってしまったんだと思います。

先日友人数名と居酒屋に飲みに行ったときのことです。

久しぶりに集まったこともありかなりの盛り上がりだったのですが夜も深まり明日仕事の友人もいるのでお開きにするかたなったのです。

しかし私は翌日は休みだし、盛り上がった事もあり飲みたりない気分でした。友人Aも同様なようで飲みなおすかという話になり、せっかくだから女の子が居るお店に行こうと2人でお店に向かいます。

お店につくとあっという間に楽しい時間はすぎ支払いの時間になりました。